活動・お知らせ

  • 活動・お知らせ
  • 総務企画委員会
  • 新年度の活動方針案について協議/通常会員総会開催について意見交換

    令和2(2020)年6月29日 掲載
    令和2(2020)年6月30日 更新

    【令和2年度第1回総務企画委員会】
    (4月14日、ホテルメトロポリタン秋田)

    (常任幹事会と重複する内容は割愛)

    委員9人が出席。

    1.会務報告
    2.会員増強の報告
    3.前回(3月11日)以降の会議や活動
    4.今後の主な会議や活動
    5.新年度活動方針案について

     事務局が、渡邉剛委員長がまとめた新年度活動方針の修正案を朗読。この修正案について各委員が以下のように述べた。

    ・理事会で委員長の任期が原則3期までと決まり、当委員会も委員会希望調査後は新しい体制に変わるものと思われる。その中で新年度活動方針について細かく指示するような内容はいかがなものか。 活動方針案の中で、令和6年度秋田で開催予定の東北・北海道ブロック会議の準備、会員の増強、新規入会や交替会員に対するオリエンテーションの開催、移動例会の開催の部分は骨子だけにして我々の思いは申し送り事項にしてはどうか。
    ・財政基盤の強化とあるが、一般社団法人はお金を貯め込まないのが前提で、財政状況は悪くないと思う。
    ・当会は設立時から懇親会費は自己負担としているが、ゴルフコンペは予算が組まれ費用の一部が会から出ている。近年は支出額が増えていると聞く。
    ・懇親会費の自己負担は承知している。全国セミナーの参加費など、会員の参加を促すため会費の補助を決めたものもある。それにより財政状況が悪化したとは聞いていない。同友会は会員と会費がなければ運営できない。予定外の支出も想定し、ある程度の財政的余裕は必要ではないか。ゴルフコンペについては姿勢を正したい。
    ・ゴルフコンペについて常任幹事会・理事会で協議し方針を決めてはどうか。規律があってしかるべきではないか。
    ・活動方針案の東北・北海道ブロック会議の準備、会員の増強、オリエンテーションの開催、移動例会の開催については大事なことなので、新メンバーによる総務企画委員会にも継続していただきたい。
    ・この活動方針は新メンバーによる委員会が見直して構わない。先の常任幹事会でも問題提起され、現委員会がつくる活動方針は、新しい委員会が見直し改めて構わないとされた。
    ・新年度活動方針案は総会の承認を受けるものなので、全く踏襲されないのは問題だ。そのため細かく指示するような内容ではなく骨子を記すだけにした方がいい。
    ・総会の承認を受けるものなので必ず実行されなければならない。しかし、新メンバーにも考えがあると思うのでアレンジを認めてはどうか。会員を増やすことは会費の増、財政基盤の強化につながるので両者は互いにリンクしているので一緒にしてはどうか。
    ・新型コロナウイルスの感染拡大防止で移動や活動の自粛が要請される中、先進地視察は明記しない方がいいのではないか。
     協議の結果、これまでの協議内容を基に委員長と事務局が簡略化した文書にまとめ、各委員が確認して4月23日の常任幹事会に諮るとした。

    第1回総務企画委員会
    第1回総務企画委員会

    6.令和元年度決算見込み、令和2年度予算案について
    7.新型コロナウイルス感染拡大の対応について

     事務局が、新型コロナウイルス感染拡大防止のため東京の経済同友会、東北・北海道ブロックの各同友会の対応状況を報告。当会は、通常会員総会(5月20日)に向け、会計監査(4月20日)、 常任幹事会・理事会(4月23日)を予定通り開催すると説明。

    8.通常会員総会までのスケジュールについて

     事務局が、通常会員総会までのスケジュール案を説明。各委員からは以下のような質問や意見が出された。

    ・コロナ禍だが通常会員総会(5月20日)は開催するのか、それとも書面決議とするのか。常任幹事会には何が提案されるのか。
    ・もし総会を開くことができなければ、対処方法は誰がどのように決めるのか。
    ・常任幹事会は決算、予算、活動方針案の審議のほか、通常会員総会の開催をどうするのか、開催できなければほかにどのような方法で対応するのか。もし書面決議とするならば、後々のスケジュールも考え5月20日より前にしてはどうか。書面決議の場合、期限をいつまでにするのか事前に決めた方がいいのではないか。自分が所属する公益財団法人は理事会決議するとして各理事の承認を集めたが、当会はどうするのか。

     事務局は、「今回は役員の改選期にあたり総会で理事を選任。理事が選任されれば理事会で代表幹事を互選。各理事と理事候補には5月20日で日程調整をお願いしているのでこの日に開催する」と説明。

    9.新年度第1回ゴルフコンペについて

     事務局が、5月30日(土)秋田椿台カントリークラブで開催の第1回ゴルフコンペについて報告。新型コロナウイルスの感染拡大防止から1人がキャンセル。申し込みが13人に減った(4月9日現在)。

    10.各団体の会費請求について

     事務局が、公益社団法人秋田県緑化推進委員会、一般社団法人東北観光推進機構から令和2年度の会費請求が届いている近日中に支払う予定と報告。

    11.次回開催日

     5月の総務企画委員会は、早急に対応する議題がないことから開催しないとした。

    PAGE TOP