活動・お知らせ

  • 常任幹事会
  • 委員会の運営規定を作成へ/総務企画委員会が新年度の活動として提案

    【令和2年度第10回常任幹事会】
    (令和3年2月26日、秋田キャッスルホテル)

    24人が出席(うち9人が委任状)
    事務局が議題1から4までを一括報告

    1.会務報告
    (1)新規入会
      東電化工業(株) 代表取締役社長 若泉裕明氏(令和3年4月1日付)。
      紹介者 加藤俊介常任幹事、池田泰久会員。所属希望委員会は総務企画委員会。
    (2)会員の役職変更
      斉藤永吉代表幹事が(株)北都銀行の取締役会長から取締役に変更(令和3年4月1日
     付)。
    (3)会員企業の所在地、連絡先の変更
      以下の通り齋藤寛之会員の(株)ナイスの所在地等が変更(令和3年2月24日付)。
     (新)〒010-1415 秋田市御所野湯本6-2-40
         TEL 018-892-6830、FAX 018-839-5180
     (前)〒010-1612 秋田市新屋豊町3-48
         TEL 018-862-2611、FAX 018-866-9101

    2.会員増強の報告
     退会はなく会員数130人、企業団体数125(上記新規入会者は除く)。会員12人
    から34人紹介、うち 12人が入会(2月26日現在)。

    3.前回(1月25日)以降の会議や活動
    4.今後の主な会議や活動
     議題3、4については議題5以降と重複するので割愛。
     議題1から4について、質問や意見はなく了承された。

    5.第3回スタジアム小委員会の報告
     事務局が報告。1月25日の常任幹事会で理事会が提案したタジアム小委員会の存廃について、2月18日、秋田キャッスルホテルで協議した。委員12人が出席。小委員会の存廃について、新スタジアム建設という一つの目的は達成したが、地域経済の活性化にどう結び付けるかはこれからの課題で今後も小委員会を存続し検討していくとした。ただし、スタジアム建設が正式に決まった段階で、あらためてスタジアムがどうあるべきか提言や意見を出して役目を終えることにした。
     議題5については了承された。

    6.第3回国際活動委員会の報告
     事務局が報告。2月2日、秋田ビューホテルで開催。委員9人と国際教養大から豊田哲
    也アジア地域研究連携機構長(教授)ら3人が出席。AIUデザインLABについて、
    (株)141&Co.の代表取締役石井宏典氏が紹介と提案を、合同会社ジェグルズの代表工
    藤実氏が共同事業体「J―1」について紹介し協力を求めた。
     令和3年度の活動方針は以下の3点を大筋とすることにした。
     (1)インターンシップの受け入れに参加する。
     (2)AIUデザインLABの実践報告を聞き、LABに対してできる支援を行う。年
        度末(来年度末)までにスタートアップを希望する学生の報告を聞き、実現に向
        けてアドバイスする。
     (3)企業の事業承継、後継者問題などの調査テーマを検討しAIUデザインLABに
        提案する。
     ただし、コロナ禍に伴い中断している学生との交流会が実施できない状況が続く場合
    は、テーマを決めた学生とのリモート交流会を検討することにしている。
     議題6については了承された。

    第10回常任幹事会
    第10回常任幹事会

    7.第11回総務企画委員会の報告
     事務局が報告。2月9日、秋田ビューホテルで開催。委員12人が出席し、主に以下の3項目について協議した。
     (1)令和3年度の活動方針案について
        前回の常任幹事会で報告した会員増強、オリエンテーションの開催、新型コロナ
       ウイルス感染対策などに、委員会の運営規定作成を追加する。
     (2)令和3年度のゴルフコンペの開催日について
        日程と会場は以下の通り。
         第1回 6月20日(日)秋田椿台カントリークラブ(全組キャディ付)
         第2回 9月17日(金)ロイヤルセンチュリーゴルフ俱楽部(2組キャディ
         付)
         第3回 10月19日(火)秋田カントリー俱楽部(全組キャディ付)
     (3)事務局のオンライン対応について
        各委員会のリモート開催については、毎月開かれる総務企画委員会からテストし
       広げていく。ホームページに講演会等の動画を掲載する件についてはあらためて検
       討する。

     石井広樹総務企画委員長が補足。委員会の運営規定の作成について、各委員会および各組織の運営を明確にすることで当会の一層の活性化、現在の困難な社会問題の取り組みをはじめ地域社会や行政への提案・提言活動を通し、秋田県経済に大きく貢献する活動団体をめざすという趣旨で進めたい。運営規定の作成はワーキングチームを作り対応する。ワーキングチームは総務企画委員以外からも募る。ワーキングチームによる会議を月1、2回のペースで開き10月の常任幹事会に提示する。
     また、前回の常任幹事会で承認された案件のうち、委員会所属は2つまでとし新入会員の1年間の総務企画委員会の所属はカウントしない件は、3月の委員会所属希望調査から実施する。委員長、副委員長の兼任を避ける件は、任期中で既に新年度に向けて活動方針案を作成しているので、運営規定作成のワーキンググループで検討し令和4年度から実施することでご了承いただきたい。
     議題7については了承された。

    8.講演会開催について
     事務局が報告。
     (1)講演会(4月7日、秋田キャッスルホテル)
      演題:「再生可能エネルギーからの水素製造について」
      講師:秋田県産業技術センター 上級主席研究員  遠田 幸生 氏
       昨年12月に3代表幹事が菅総理大臣に要望書を提出した一環として計画した。
     (2)健康講座(4月16日、秋田ビューホテル)
      演題:「若年男性の急性心筋梗塞ならびに生活習慣病の予防と対策について」
      講師:秋田大学 渡邊博之教授(大学院医学系研究科・医学専攻・循環器科学講座)
       ビジネスマン健康達人講座に変わり健康講座を開催しているが、委員から要望が多
      かった若年男性の急性心筋梗塞並びに生活習慣病の予防と対策について聞く。

    9.その他
     事務局が報告。
     (1)事務局の冷暖房機の故障(経年劣化)
      状 況:屋上冷温水発生機の天板腐食で穴があき、侵入した水がバーナーに掛かり異
          常発生
      修 理:天板、排気系、点火系
     (2)わらび座から公演の後援依頼(継続)
       2021年度わらび劇場作品 ミュージカル「空!空!!空!!!」の後援につい
      て、昨年承認され今回も継続。
     (3)秋田魁新報に広告掲載(総務企画委員会で承認)
      ・「~3.11東日本大震災から10年~ あきた防災2021企画特集号」
      ・「祝 泉外旭川駅開業」
     (4)秋田県と秋田労働局から「障害者雇用拡大の要請書」(2月24日)
       要請書の写しを配布。
     (5)ホームページへの代表幹事あいさつ、新年度に掲載へ。

     小野泰太郎常任幹事が発言。県に提出した政策提言に首都圏高齢者の地方移住を記した
    が、これを推進する母体を設立して3月23日か24日にプレス発表する予定。
     議長が発言。時期が来たら設立趣旨などご説明願いたい。

    10.次回開催日
     令和3年3月26日(金)開催が了承された。

    PAGE TOP