活動・お知らせ

  • 会員例会
  • 総務企画委員会
  • ローカル5Gの取り組みなど紹介/NTT東日本・澤村秋田支店長が講演

     本年度の第4回会員例会(講演会)が11月2日、ANAクラウンプラザホテル秋田で開かれ、NTT東日本秋田支店の澤村誉支店長が「デジタルインフラの整備促進に向けて~5G社会の到来が県民の暮らしや県内産業をどう変えるか」と題して講演した。澤村支店長は「洋上風力発電の活用やローカル5Gを基盤としたビジネスの創出などで、地域産業を活性化したい」などと話した。会員40人(代理を含む)が出席した。

    「デジタルインフラの整備促進に向けて」テーマにした第4回会員例会
    「デジタルインフラの整備促進に向けて」をテーマにした第4回会員例会

     初めに、担当委員会の総務企画委員会の石井広樹委員長があいさつ。引き続き、澤村支店長の講演に移った。講演の主な項目は次の通り。

    講演するNTT秋田支店の澤村支店長
    講演するNTT秋田支店の澤村支店長

    第1章 ローカル5Gの概要

     1.新たな無線技術
     2.5G=超高速・長低遅延・多数同時接続
     3.ローカル5Gの概要
     4.ローカル5Gにおける周波数の特性
     5.5Gシステムの機器構成例

    第2章 ローカル5Gに関する取り組み

     1.プライベートNW・ローカル5Gに関する歩み
     2.総務省の実証事業(令和2年度・令和3年度)

    (1)中山間地域でのEVロボット遠隔制御等による果樹栽培支援に向けたローカル5Gの技術的条件および利活用に関する調査検討~北海道浦臼町

    (2)新型コロナからの経済復興に向けたローカル5Gを活用したイチゴ栽培の
    知能化・自動化の実現~埼玉県深谷市

     3.県内広域ローカル5G~新潟県
     4.ローカル5Gオープンラボ(NTT東日本)

    第3章 産業分野への取組事例

     1.スマートテレワークタウン・ローカル5Gラボ@上越妙高
     2.企業誘致と産業活性化を促すモデルの実現へ
     3.ビジネス拠点としても魅力あふれる上越妙高
     4.“屋内外型” ローカル5G実証環境を配備
     5.“産官学金”一体で起業・創業家を支援
     6.地域回帰を目指す先駆的ビジネスの創出へ
     7.地域循環モデルの実現へ

    第4章 ローカル5Gの課題とNTTの取り組み

     1.マルチベンダ実績
     2.ローカル5G基地局数
     3.ノウハウ・スキル
     4.ローカル5Gにおける現状の課題認識
     5.“ギガらく5G”主な特長<5つのポイント>
     6.“ギガらく5G”の概要
     7.“ギガらく5G”の提供料金
     8.ソリューションモデル「ローカル5G×●●」の展開
     9.今後の展望
    10.ローカル5G…期待するもの…

     一方、会員からはローカル5Gの農業への活用について「農業の秋田パターンを作り、全国展開してはどうか」といった意見も出ていた。 (文責:事務局)

    PAGE TOP